低価格なお葬式を川口市民葬祭は実現いたします。葬儀にお金をかける時代ではありません。無駄をなくし、心で送るご葬儀をお急ぎの方、緊急の場合もご対応可能です。 年中無休

スタッフブログ

2015年09月14日

家族葬についてのご相談

 

御家族を中心としてゆっくりとお見送りしたい、本当に近しい方で送ってあげたい。

このような方に選ばれてるのが家族葬です。

厳密な定義はありませんが、家族や親族、親しい友人の範囲だけで行うケースが

ほとんどです。規模は密葬とほぼ同じですが、最近では「密葬」と呼ばず

イメージを持って頂くように「家族葬」と呼んでいます。

家族葬が選ばれる理由としては、参列者への気遣いや、対応に追われることなく

ゆっくりと葬儀を行いたい。故人が高齢の為、知人友人が少ない。

葬儀予算をあまりかけずに行いたい。故人の希望(遺言)で、親しい方と

行いたい。このような理由の方が多いようです。

参列者を家族や親族、親しい友人がほとんどなので家族を失った精神的な

負担を軽減し、時間に追われることなく故人とのお別れができるということで

最近家族葬の相談がとても増えています。

川口市民葬祭では、事前相談なども承っておりますので、お気軽に

お問合せ下さい。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
全国市民葬祭協会 川口市民葬祭
埼玉県川口市朝日4-1-29
0120-419-451
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015年09月07日

火葬のみのシンプルなお葬式

直葬(ちょくそう) 12.7万円(税別)
※炉前で簡単なお別れ式
お棺にお花や思い出の品を送ったり・ご焼香
※読経 ご僧侶様紹介:炉前読経&戒名授かり
すべてご希望のスタイルで出来るシンプルなお葬式です。

病院~お迎え~自宅~お別れ葬・直葬

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
全国市民葬祭協会 川口市民葬祭
埼玉県川口市朝日4-1-29
0120-419-451
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015年08月06日

川口市民葬祭・川口市 格安葬儀/数珠について

数珠は、珠を使って念仏を唱える回数を数えることから

発生しました。珠の数は108個が基本となっており、

そこから (2分の1の) 54個 (4分の1の) 27個、

(6分の1の) 18個といったものも作られました。

古代バラモン族に起源をもち、2~3世紀ごろに仏教に

取り入れられたとみられております。 (数珠)

(誦数) (念珠) とも言います。宗派によりその

形は異なりますが、 (八宗用) と言われる物もあり、

これは真言宗用が基本になっています。

 

 

川口市、さいたま市、戸田市、蕨市のご葬儀のことなら

お気軽に川口市民葬祭までお問合せください。

 

川口市の低価格葬儀 川口市民葬祭

2015年08月05日

川口市民葬祭・川口市 格安葬儀/逆屏風について

古くからの習慣で、故人様の周囲に屏風を上下逆にして

立てることです。死の世界は日常の世界とは逆である

との考えから、上下を逆にすると言われます。屏風を

めぐらすのは、故人様を悪霊から守るため、あるいは

死霊が周囲の人におよばないように、など土地により

相反する言い伝えがあります。

 

川口市、さいたま市、戸田市、蕨市などを中心とした

格安葬儀、家族葬、一日葬、火葬式のご相談は、

川口市民葬祭までお気軽にお問合せ下さい。

 

全国市民葬祭 格安葬儀 川口市民葬祭

2015年08月02日

川口市民葬祭・川口市 格安葬儀/法事について

法事を執り行う際、身内だけで営むときは電話連絡だけでも

よいでしょうが、四十九日、一周忌、三回忌など、

関係者に広く集まっていただくときには、案内状を出し、

出欠の確認をします。接待客の範囲には決まりがありません

故人との関係、家庭の事情を考慮して慎重に決める

必要があります。場所は寺院、斎場、自宅、最近では

ホテル、レストランとさまざまです。自宅で行う場合は

仏壇のお飾り【荘厳) をします。打敷を敷いて、ご具足で

行うのが正式とされております。香炉を中央にし、

その左右に燭台、外側の左右に花立を置きます。供物は

仏飯、餅、菓子、果物などです。添える花は三回忌まで

は極力赤など華美な花は避け、ロウソクも白を原則と

します。個人の位牌、過去帳を仏壇の祭下段に安置します。

参列者から頂いた供物などは、仏壇の両脇などに白布で

覆った小机を用意し、そこに置きます。また焼香台を

用意します。先に関係者が着席し、僧侶を迎え、読経

焼香、法話が行われます。自宅で執り行う際には、

家族が会食の準備をしていて席に着かないことがありますが

本来はそろって勤めるものとされております。法要が

終わると、会食となりますが、これを (お斎) と言います

施主があいさつをし、食事となります。このとき

僧侶を上席とし、家族は末席となります。お斎の食事は

かつては肉食を避けて菜食の精進料理でしたが、現在では

あまりこだわらないとされております。

服装については、遺族は略礼服を着るのが一般的ですが

きちんとした服装であれば平服でもよいとされております

喪服を着用するのは遺族であっても喪に服することを

終える一周忌あるいは三回忌までです。遺族以外の

参加者は平服でも構いません。参列者は供物や金銭の

お供えをするのが一般的ですが、これには (御仏前)

または (御香料) などと記します。僧侶が会食の席に

つかないときは、折詰にして持ち帰り願うか、代わりに

(御膳料) を包みます。僧侶に法要を勤めて

いただいたのに対しては (お経料) と書かれる例も

見られますが (お布施) が正しいとされます。

法事の基本的なご説明をさせて頂きましたが、やはり

各地域、僧侶様により様々なやり方がございます。

何かご不明点などございましたら、お気軽に

川口市民葬祭までお問合せください。

川口市民葬祭では川口市葬儀、さいたま市葬儀、

蕨市葬儀、戸田市葬儀埼玉県を中心にご対応させて

頂いてる葬儀社になります。

家族葬、一日葬、火葬式 (直送) 一般葬のことなら

どんな些細な事でも構いませんので

何か、ご不明点、ご質問、ご相談などございましたら

お気軽に川口市民葬祭までお問合せください。

 

全国市民葬祭協会 家族葬

川口市民葬祭

葬儀や弔いのことが何でも分かる、お役立ちブログ

川口市民葬祭では、皆様のお役に立つべくブログで情報を発信しております。一般的な業者のブログのような新着情報やキャンペーン情報ではなく、いつの時も役立つ、葬祭準備やお盆、法要にまつわるエトセトラを分かりやすくご紹介しております。
いざ葬儀となった時はもちろん、その後の新盆を迎える際や各種法要を営まれるとき、主宰をされる方もご参列される方にも、お役に立つ情報をご案内しております。ブログ記事から、基本知識やマナー、成すべきことをご確認いただければ幸いです。
川口市民葬祭では火葬のみの格安葬儀から、近年人気の家族葬、多くの参列者でお見送りする一般葬まで幅広くご提案しております。ご相談やお見積もりは全て無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

事前の葬儀相談 病院へのお迎え 葬儀場の手配 お見積り&ご相談

携帯からもOK!通話料無料!365日24時間!葬儀のプロフェッショナルが対応します

川口市民葬祭へのお問い合わせ方法


川口市の葬儀・葬式ならお任せください。
Copyright © 川口市民葬祭. All Rights Reserved.

正当なCSSです! Valid XHTML 1.0 Transitional